2012年10月20日土曜日

徒然なるままに

最近、ブログを更新していなかったことに気づいた。
毎日、AdsenseやAnalyticsでチェックしているので、PVが減になってきているが、過去のSEO施策や遺産記事のおかげで日々微妙な増減を繰り返している。

さて、久々に何かを書きたいと思う。

何がいいだろう。

巷ではビッグデータブームも落ち着き、「実際どうしていくの?」フェーズに入ったような気がする。だが、これはある小規模なクラスター内での話だ。世間一般には全く浸透していないだろう。少なくとも僕はそう感じる。
だが、そんなことはいい。

僕はジョブチェンジをして、今は毎日データを見て、色々と考えることが多い。
自身のスキルのなさや経験の浅さを痛感する毎日だから、そこを補うべくスキル習得や勉強の日々を送っている。

そんな中で、最近気づいたのは、以前と情報感度が全く違うということだ。
ある程度キュレーションメカニズムを構築したことによって新たな情報を求めないのかもしれないのだが、マーケをやっていた時より情報収集をしなくなった。
それよりも伸ばすべき物が目の前にあるからだ。

これはすばらしいことであり、僕の転職は思い描いていた通り成功したということだ。
ありがたいことにこんな僕でも引き続き、色々とお誘いもいただくこともあるw
ここの活動は引き続き続けて行きたい。

だが、トレードオフなのだが、求めない情報で入ってくる受動的情報が圧倒的に減った。
受動情報はけっこうな確率でセレンディピティ性を帯びていることが多く、僕のような天邪鬼かつ好奇心旺盛な人間には大好物な代物だが、これがないのがちょっと不満。
もちろん、能動情報で、手一杯なのに何言うてんねんってこともあるが。

しかし、能動で行っても人との出会いはセレンディピティ性を大いに有している。
最近知り合う人たちはホントに魅力的な人が多い。
多分、昔もそういう人と出会っていたが、ソーシャルの環境がなかったために浅い付き合いだったから、そういう感想なのかもしれない。
新卒で入った会社での取引関係の人たちで、今でも関係がある人は少ないが、継続したかった人たちもたくさんいた。少し後悔だが、本気でそう思えばすぐに会うことはできるだろうし、憂慮はしていない。

就職活動のとき、僕は決まってエントリーシートに「人はダイヤのごとく、人と会うことによってしか成長できない」というフレーズをドヤ顔で書いてきたが、なかなか本質捉えててよかったじゃないかと今でも思ってる。

そろそろいい歳になって、若い連中と色々とやる機会が多くなってきたのだけど、僕はあまり指導とかする性じゃないし、自由にやりたいことやればいいと思うのだが、その案配に悩むようなことも多くなった。

かつて、僕にWeb世界の可能性を見せてくれた梅田望夫さんはロールモデル足り得る人を捜せと書いていたが、そういうロールモデルになれるよう努力はしているつもりであるが、まだまだほど遠い。。世間にはホントに面白い人たちがたくさんいるし、そういう人たちからもっと色々なことを学ばせてもらって、僕も可能な限りよいフィードバックができるようになれればいいな。

とにかく、充実した日々を送るかつ、必要な知識やスキルを身につけ、どんどんアウトプットしていくことを心がけよう。

以上、徒然なる日記。

日々の気になる出来事サーチ

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ